当選品レビュー

【嬉野温泉】創業100年の老舗旅館「大正屋」宿泊記!お部屋のお風呂でも美肌の湯が楽しめる宿

大正屋

佐賀県嬉野市は嬉野温泉が有名。
日本三大美肌の湯の一つに選ばれている温泉です。

大正屋は嬉野温泉にある旅館の中でも老舗で、とても人気のある旅館です。

今回、大正屋の宿泊割引券(20,000円分)が当選したので、GoToトラベルキャンペーンと併用して一泊二日の宿泊へ行ってきました。

大正屋にはもちろん温泉が楽しめる大浴場がありますが、お部屋のお風呂でも温泉のお湯を楽しむことができます。

またお食事でいただける嬉野温泉名物の「温泉湯どうふ」が絶品。

今回は大正屋のお部屋や食事などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

大正屋 公式HP

スポンサーリンク

嬉野温泉「大正屋」について

佐賀県嬉野市にある大正屋は、大正14年創業の歴史ある老舗旅館です。日本三大美肌の湯として知られる嬉野温泉の中心街にあります。

嬉野温泉の中でも老舗の旅館。
高級ではありますが、とても人気のある有名な旅館です。

大正屋は「大正屋」「椎葉山荘」「湯宿清流」の3旅館が大正屋グループとなっており、いずれかに宿泊すると、宿泊特典として大正屋の「四季の湯」「滝の湯」、椎葉山荘の「山の湯」「しいばの湯」を全て利用することができます。

大正屋にはさまざまな宿泊プランがあります。

大正屋の宿泊プラン(一部)
  • ゴルフパック付プラン
  • 伝統芸能花の舞体験付宿泊プラン
  • バリ式エステ60分付プラン
  • 10,000円分宿泊割引優待券付プラン
  • 佐賀牛の特別会席プラン
  • 焼き肉食べ放題 生ビール1杯付プラン
  • 大正屋特選牛付会席プラン
  • プレゼント付記念日プラン
  • 有田焼お土産付プラン
  • 嬉野産棚田米のお土産付プラン

上記以外にもいろんな宿泊プランがあり、それぞれのプランで選択できるお部屋を選んで予約する形となります。

大正屋の全てのプランを見る

今回はたまたまキャンセルが出ていた金曜日に予約することができましたが、GoToトラベルキャンペーンの影響もあるせいか、土日は2ヶ月程先までほぼ満室でした。

予約したお部屋は和室10畳(本館5階~7階)「【焼き肉食べ放題】しいばの湯併設レストラン山法師にて嬉しい生ビール1杯付プラン」です。

それでは詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

「大正屋」一泊二食付き宿泊記

大正屋の玄関前に車を停めると、係の方が出迎えて下さいます。

車は係の方が移動して下さいますので、荷物をおろして鍵を渡し、チェックインしましょう。

ロビー

玄関を入って右側に広々としたロビーがあります。それぞれのテーブルにお花が綺麗に飾られていて、丁寧な心遣いを感じます。

大正屋のロビー

佐賀県は焼き物が有名なこともあり、ロビーには高級な有田焼が飾られているスペースも。

大正屋のロビー

階段を数段上ったところにもくつろげるスペースがあります。

大正屋の休憩スペース

フリードリンクコーナーも用意されているので、時間内であればいつでも飲みに来ることができます。

フリードリンクコーナーは7時~21時30分までです。
大正屋のフリードリンクコーナー

日本のホテル・旅館100選や、5つ星の宿など、いろんな賞を受賞されています。

いろんな賞を受賞している大正屋

嬉野温泉公式キャラクターの「ゆっつらくん」もお出迎えしてくれます。佐賀弁で「ゆっつら=ゆっくり」という意味です。

嬉野温泉公式キャラクターのゆっつらくん
ピヨ夫
ピヨ夫
ゆっつらって実際使わないけどね‥笑

大正屋に入った瞬間にこれまでの日常とは違う場所にきた、と思わせる高級感漂うロビーで、座る場所も多く広々としていてゆっくりとした時間を味わうことができました。

お部屋:和室10畳(本館7階)

今回のお部屋は最上階の7階のお部屋でした。
和室10畳のお部屋です。

大正屋の和室10畳のお部屋

嬉野温泉のお菓子と嬉野茶が用意されています。

嬉野はお茶が有名です。
美味しい嬉野茶の入れ方が書かれているので、手順に沿って嬉野茶を美味しくいただきました。

もちろん浴衣やアメニティも揃っています。

大正屋の浴衣とアメニティ

アメニティは男性用・女性用とそれぞれ可愛いゆっつらくんの袋に入っているので、このまま温泉へ持ち歩くことができます。

男性用がこちら。

大正屋のアメニティ(男性用)

こちらが女性用です。

大正屋のアメニティ(女性用)

トイレと洗面所も十分な広さ。

大正屋の洗面所

そしてお風呂です。

大正屋のお風呂

大正屋のおすすめポイントは、お部屋のお風呂にも源泉がひかれているということ。大浴場に行かなくてもお部屋で温泉を楽しむことができます。

お部屋のお風呂が温泉風になっているのがまた素敵でした。

私は大浴場が苦手なので、旅行へ行ってもホテルのお風呂に入ります。

同じように大浴場が苦手な方、一人でゆっくりと入りたいという方にはぜひおすすめです。嬉野温泉の美肌の湯を大浴場でなくても楽しめて嬉しかったです。

お部屋のお風呂にはボディーソープしか置かれていないため、シャンプー・リンス・洗顔はアメニティを使用します。

夕食へ行っている間にお布団を敷いて下さいます。

大正屋の和室10畳のお部屋

二人には十分なお部屋の広さで、のんびりと過ごすことができました。

館内は無料Wi-Fiが利用可能です。

スポンサーリンク

温泉

大正屋には男女用共に「四季の湯」「滝の湯」の2ヶ所ずつの大浴場があります。

滝の湯は宿泊者専用、四季の湯は立寄り湯が可能です。

また大正屋は「大正屋」「椎葉山荘」「湯宿清流」の3旅館が大正屋グループとなっていて、いずれかに宿泊すると大正屋の2ヶ所の温泉だけでなく、椎葉山荘の「山の湯」「しいばの湯」の合計四つのお湯巡りをすることができます

山の湯は宿泊者専用、しいばの湯は立寄り湯が可能です。

今回夫は大正屋の「滝の湯」と椎葉山荘の「しいばの湯」を利用しました。しいばの湯は大正屋から少し離れた山の奥にあるので、無料送迎バスに乗って移動します。

しいばの湯

大正屋からは

  • 午前の部:9:00~10:00の間
  • 午後の部:15:50~19:50の間

30分おきに無料送迎バスが運行されているので、事前にフロントに乗る時間を伝えておいて下さい。帰りも椎葉山荘のフロントで時間を伝えるとお迎えに来て下さいます。

椎葉山荘からの帰りのバスは最終が20時45分となっているので、乗り遅れないように注意が必要です。

大正屋から椎葉山荘までは車で約10分の場所にあります。私は乗り物酔いが酷いので山道を心配していましたが、山道を通るのは少しだけなので具合が悪くなることはありませんでした。

全ての温泉にはタオルが置かれていますので、お部屋のタオルを持って行く必要はありません。

夫は夜にしいばの湯、翌朝に滝の湯を利用していましたが、混雑することもなく入っている人も数名だけで、ゆっくりと温泉を楽しむことができたようです。

椎葉山荘のしいばの湯には露天風呂があります。目の前に川が流れていて、川のせせらぎを聞きながら大自然の中の露天風呂を楽しむことができます。

大正屋の滝の湯は内風呂のみ。滝が流れる庭園を眺めながら温泉に入ることができます。また滝の湯には温泉熱を利用したミストサウナがついていますので、サウナ好きの方は滝の湯がおすすめです。

ピヨ夫
ピヨ夫
さすが美肌の湯、お肌ツルツル!

夕食:焼き肉食べ放題

今回のプランは「【焼き肉食べ放題】しいばの湯併設レストラン山法師にて嬉しい生ビール1杯付プラン」です。

夕食はしいばの湯に併設されている「山法師」で焼き肉食べ放題をいただきます。

しいばの湯併設レストラン「山法師」

大正屋のお部屋は満室だったにも関わらず、山法師はほぼ貸切状態でした。やはり旅館ということもあり、会席料理を選ばれる方が多いのでしょうか。

食べ放題の簡単な説明の後、ドリンクを聞いて下さいます。生ビールもしくはショーケース内のソフトドリンクの中からお好きなものを1つ選ぶことができます。

お肉はショーケースに並んでいるものを好きなだけ取ることができます。セルフサービスになっています。

山法師の焼き肉食べ放題

お肉の種類は全て揃ってはいるものの、私たちだけだったせいか一つの種類につき何皿かしか並んでいなかったので少し寂しかったです‥。

一皿ずつ入っていてラップもきちんとしてあるので安心です。

山法師の焼き肉食べ放題
食べ放題に含まれるメニュー

ロース・カルビ・地鶏・ミノ・ホルモン・ウインナー・豚トロ・野菜盛り・キャベツ・キムチ・漬物・枝豆・チーズ&サラミ・かご盛豆腐・温泉湯豆腐・ご飯・お吸い物・アイスクリーム各種・生どら各種・ゼリー各種

ちなみに普通に注文するとロースは1,210円(税込)、カルビは814円(税込)するそうです。

ピヨ夫
ピヨ夫
やっぱり高い方を食べちゃうよね!笑

どうしても我が家はケチケチ精神がはたらいてしまって焼き肉食べ放題プランにしてしまいましたが、焼き肉を誰も利用されていないのを見ると、せっかく高級旅館に来たんだから会席でも良かったよね‥と会席が気になってしまったのが正直な気持ちです。

今回の唯一の反省ポイントとなりました。

スポンサーリンク

朝食

朝食は大正屋内にある「平安の間」でいただきます。

大正屋の朝食

朝食の時間をチェックインの際に聞かれますので、選んだ時間に合わせて朝食会場へ向かいます。

席にはお食事が用意されていて、席についてからご飯やお味噌汁、温泉湯どうふなどを持ってきて下さいます。

朝食で一番楽しみにしていたのが嬉野温泉名物の「温泉湯どうふ」。程よく溶けたトロトロのお豆腐を味わうことができます。

大正屋の朝食の温泉湯豆腐

朝食の時間を一番遅い8:30からにしていたせいか、温泉湯豆腐がなくなってしまったようでおかわりができませんでした。温泉湯豆腐を朝食に食べられることをとても楽しみにしていたので、それだけが本当に残念でした。

朝食の時間を遅い時間にされている方は、温泉湯豆腐のおかわりは先に確認された方が良いかもしれません。

一つ一つの器も綺麗で、朝からゆっくりと美味しいお料理を楽しむことができる理想の朝食でした。

お土産売り場

大正屋の売店では、嬉野や佐賀のお土産を買うことができます。

大正屋の売店

嬉野茶やお茶を使ったお菓子、嬉野温泉の化粧水など、嬉野温泉ならではのお土産が揃っています。もちろん温泉湯どうふも売られていて、全国発送も可能です。

また売店とは別に、大正屋2階にある「やきものの店」では有田焼や波佐見焼などの焼き物が高級なものから日常で使えるものまでずらりと並んでいます。

大正屋のやきものの店

覗くだけでも楽しいので、ぜひ見に行ってみて下さいね。

スポンサーリンク

大正屋のコロナ対策は?

新型コロナウイルスが流行してから初めての宿泊でしたが、大正屋のコロナ対策はしっかりとされている印象でした。

まずチェックイン時に携帯アルコールスプレーを人数分いただけます

大正屋でもらった携帯アルコールスプレー

しっかりとコロナ対策がされていると感じたのが以下の点です。

  • ロビーは広々としていて座る場所が多い
  • 送迎バスも密にならず、窓を開けて換気がされている
  • 温泉や夕食会場は何ヶ所かに分かれているので人が分散されている
  • 滝の湯のサウナは一人ずつしか入らないように張り紙がされている
  • 朝食時間をいくつかの時間から選べる
  • 朝食の席もきちんと距離を取ってある

館内にいる間に密を感じることはありませんでしたが、一つだけ気になったのは館内を歩かれているお客様でマスクをつけられていない方がけっこういらっしゃるということでした。

温泉やお食事を利用される方が多いのである程度仕方がないと思いますが、その点だけが少し不安に感じました。

宿泊割引券とGo Toトラベルキャンペーン適用の宿泊費

今回は懸賞で当選していた大正屋の宿泊割引券(20,000円分)Go Toトラベルキャンペーンを併用して宿泊させていただきました

実際にかかった費用がこちらです。

一泊二食付き宿泊代(2名分) 39,600円
入湯税 300円
宿泊割引券 -20,000円
Go Toトラベルクーポン -13,860円
合計 6,040円
宿泊の場合は大人1名につき1泊150円の入湯税がかかります。

宿泊したのが10月だったので地域共通クーポンを6,000円分いただきました

さすが高級旅館ということもあり、宿泊割引券とGo Toトラベルキャンペーンを利用しても二人で6,040円の手出しになりましたが、通常の値段では絶対に泊まることができない旅館だったのでとても良い思い出になりました。

我が家の旅行はいつも楽天トラベルで予約しています。楽天ポイントも貯まるので、普段から楽天を使っている方にはおすすめです!

施設名 大正屋
住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276-1
電話番号 0954-42-1170
チェックイン 15:00~
チェックアウト ~10:00
駐車場 有り

スポンサーリンク

大正屋から徒歩で行けるおすすめスポット

大正屋があるのは嬉野温泉の温泉街の中心。
温泉街には徒歩でまわれるおすすめの観光スポットも数多くあります。

その中でも大正屋に宿泊される方におすすめしたい、大正屋から歩いて行くことができる観光スポットをご紹介したいと思います。

大正屋から歩いて行ける観光スポットは以下の5ヶ所です。

  1. シーボルトの湯
  2. シーボルトのあし湯(湯遊広場)
  3. 湯宿広場
  4. 豊玉姫神社
  5. 宗庵よこ長
  6. 【番外編】うれしの茶交流館 チャオシル

ぜひ散策しながら楽しんで下さいね。

大正屋から歩いて行けるおすすめスポット①:シーボルトの湯

シーボルトの湯

嬉野温泉のシンボル的存在にもなっているシーボルトの湯。大正ロマンを感じさせるレトロなゴシック風建築が魅力の公衆浴場です。

シーボルトが嬉野温泉に立ち寄ったことにちなんでシーボルトの湯と名付けられたそう。

リーズナブルな価格で嬉野温泉に入ることができます。

施設名 嬉野温泉 シーボルトの湯
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙818-2
電話番号 0954-43-1426
営業時間 6:00~22:00(最終入場 21:30)
休館日 毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)
料金 70才以上:320円
大人(一般):420円
こども:210円
※詳しい料金については公式サイトでご確認下さい。
駐車場 近隣に90分無料の駐車場有

スポンサーリンク

大正屋から歩いて行けるおすすめスポット②:シーボルトのあし湯(湯遊広場)

シーボルトのあし湯

嬉野温泉街の中心部には二ヶ所の足湯があり、その一つがシーボルトのあし湯です。24時間いつでも無料で利用することができます。

施設名 シーボルトのあし湯(湯遊広場)
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙822番地1
営業時間 24時間
定休日 なし
料金 無料
駐車場 なし

大正屋から歩いて行けるおすすめスポット③:湯宿広場

嬉野温泉街の中心部にあるもう一つの足湯が湯宿広場です。

足湯と足蒸し湯の二種類があります。
シーボルトの足湯よりは広く、観光客の方も多くいらっしゃいます。

無料で利用することができますが、時間が決まっているので注意が必要です。

施設名 湯宿広場
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2186-2
営業時間 足湯:7:00~23:00
足蒸し湯:9:00~20:00
定休日 なし
料金 無料
駐車場 なし

大正屋から歩いて行けるおすすめスポット④:豊玉姫神社

豊玉姫神社

豊玉姫神社には美肌の神様である白いナマズ様が祀ってあります。手舎水が温泉というのも珍しく、嬉野温泉らしくて印象的でした。

街中にある小さな神社ですが、清らかで風情のある神社です。

施設名 豊玉姫神社
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2231-2
駐車場 なし

スポンサーリンク

大正屋から歩いて行けるおすすめスポット⑤:宗庵よこ長

宗庵よこ長の温泉湯どうふ

嬉野温泉の名物「温泉湯どうふ」が食べられるお店はたくさんありますが、一番おすすめしたいのがこちらの宗庵よこ長です。

宗庵よこ長は泉湯どうふ発祥のお店
漫画「美味しんぼ」にも掲載されたとても人気のあるお店です。

溶けだしたとろとろの食感と、豆腐本来のうま味を味わうことができます。出汁がほんのり塩味でタレにつけなくても十分美味しくいただけます。

温泉湯どうふの中で我が家が一番お気に入りのお店です。

【メニュー例(税込)】
湯どうふ定食:920円
特選湯どうふ定食:1,150円
湯どうふ:500円

店舗名 宗庵よこ長
住所 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
電話番号 0954-42-0563
営業時間 10:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日 水曜日(祝日の場合前後どちらか一日振替)
駐車場 有り

【番外編】うれしの茶交流館 チャオシル

うれしの茶交流館 チャオシル

チャオシルは平成30年4月にオープンした新しい施設。お茶の歴史を学べたり、お茶に関するさまざまな体験をすることができます。

ピヨ夫
ピヨ夫
茶を知る!いいネーミング!

大正屋からは少し離れているので歩いて行くのは難しいですが、車で約5分程の近い場所にあります。

チャオシルでできる体験
  • 茶摘み体験
  • 釜炒り体験
  • 工場見学
  • うれしの温泉茶染め体験
  • お茶の淹れ方教室 など

お子さんと一緒にいろんな体験をしてみるのも良いですね。各体験は予約制となっていますので、事前にお電話にてご確認下さい。

施設名 うれしの茶交流館 チャオシル
住所 佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内乙2707-1
電話番号 0954-43-1991
休館日 火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)
料金 入場無料(体験料は公式サイトでご確認下さい)
駐車場 有り

嬉野温泉「大正屋」宿泊記 まとめ

今回は宿泊割引券とGo Toトラベルキャンペーンを利用して、嬉野温泉の大正屋に宿泊させていただきました。

歴史ある老舗の旅館なので建物やお部屋にはそれなりの古さは感じてしまいますが、とても丁寧なサービスでゆっくりとした時間を過ごすことができました。

懸賞生活で宿泊券が当選したのはこれで2回目。また当選品での旅行が楽しめるように、引き続き懸賞も頑張っていきたいと思います。

ピヨ夫
ピヨ夫
次の宿泊券の当選も期待してます!
スポンサーリンク