当選品レビュー

【佐賀市】歴史ある老舗「旅館あけぼの」宿泊記!ムツゴロウなど有明海の珍しいお魚が楽しめる

旅館あけぼの

佐賀県佐賀市にある旅館あけぼの

現在の建物は昭和8年に建てられたものですが、創業は何と明治22年。歴史ある老舗旅館が佐賀市の中心街にあります。

実はこちらの一泊二食付きペア宿泊券が当選したので、宿泊へ行ってきました。

便利な市街地にあるにも関わらず、静かでゆっくりとした贅沢な時間。佐賀県ならではの焼き物やお食事も豊富で、とても素敵な休日を過ごすことができました。

旅館あけぼのでは夕食にムツゴロウやわらすぼ、くちぞこなど、有明海でとれる珍しいお魚を使った料理を楽しむことができます。

佐賀以外ではなかなか食べる機会がないと思いますので、佐賀でしか味わえないお料理を楽しみたい方にはぜひおすすめしたい旅館です。

今回は当選品で楽しむ休日、旅館あけぼのをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

「旅館あけぼの」一泊二食付き宿泊記

今回宿泊させていただいたお宿は旅館あけぼの

SAGARICHという佐賀県の情報が掲載されているウェブマガジンでの応募で、豪華一泊二食付きのペア宿泊券に当選しました。

当選のご連絡をいただいてからすぐに旅館へ連絡をしましたが、人気のお宿のようで週末は2~3ヶ月先まで満室。

あまり先の予約は夫の仕事の予定も分からないしどうしよう‥と思っていたのですが、こまめにキャンセルが出ていないかチェックしていたら、運良く三連休の中日に空きが出ていたので無事に予約することができました。

ロビー

旅館あけぼのは佐賀玉屋のすぐ近く。
佐賀の市街地にも関わらず、とても静かで落ち着いた場所です。

駐車場は50台収容可能。
旅館の目の前に5台ほど停めるスペースがあり、今回はそちらが空いていたのですぐ近くに停めることができました。

ロビーの様子です。

旅館あけぼの

ゆっくりとくつろげそうな雰囲気でした。

入口には貸自転車が置いてあります。街中散策用に無料で使うことができるそうです。

お部屋

今回宿泊させていただいたお部屋は洋室ツインのお部屋でした。

実は当選していた宿泊券は和室8畳のお部屋。きちんと確認していなかった私も悪いのですが、和室のお部屋で予約していただいているのだと思っていました。

和室8畳がこちらの旅館の中でも一番良いお部屋だったので、せっかくだったら和室に泊まりたかったなと反省しています。

洋室ツインのお部屋がこちらです。

旅館あけぼの

床はフローリングでした。
もちろんお部屋にはお風呂とトイレもついています。

廊下や外も騒がしくなく、とても静かに過ごすことができました。

フロアにもゆっくりと過ごせるスペースがあります。

旅館あけぼの
館内は無料Wi-Fiが利用可能です。
館内にはエレベーターがありません。2階・3階のお部屋まで階段での移動になりますのでご注意下さい。

お風呂

私は浴場が苦手なので、お部屋のお風呂に入りました。

夫は浴場へ。
男湯と女湯が分かれているわけではなく、何時頃入るかを伝えてその時間で男湯と女湯を切り替えられているようでした。

夫が入った時間は他のお客さまが誰もおらず、貸切状態だったそうです。

ピヨ夫
ピヨ夫
ゆっくりと入ることができました。

スポンサーリンク

お食事:夕食

楽しみにしていた夕食はお部屋ではなく場所を移動して、お食事の間でいただきます。

歴史を感じる、趣のあるお部屋でした。

旅館あけぼの

テレビもない広いお部屋で、二人だけでゆっくりとお食事を楽しみます。

ピヨ夫
ピヨ夫
何だか落ち着かない‥(笑)

最初に並んでいたお料理がこちら。

旅館あけぼの

実はこちらの旅館のお食事では「ムツゴロウ」「わらすぼ」「くちぞこ」という佐賀で有名な有明海のお魚を使ったなかなか馴染みのないお料理が出てきます。

まず真ん中の小さめのお魚が、佐賀名物ムツゴロウ。

佐賀名物とは言っても、佐賀出身の私もこれまでに食べたことがありません。

ピヨ夫
ピヨ夫
同じく佐賀出身の僕は、昔一度だけ食べたことがあるよ!

有明海に住むムツゴロウをイメージすると泥臭いような感じがするのかな?と思いましたが、泥臭さなどは全くなく、小さな魚の甘露煮を食べている感じ。

味付けも濃かったので、これがムツゴロウの味!というのは残念ながら分かりませんでした。

そして左下がわらすぼ。
日本ではムツゴロウと同じく、有明海にしかいない珍しい魚。有明海のエイリアンと呼ばれています。

名前の通り、衝撃的な見た目。口がギャーってなっていました(笑)

こちらのわらすぼは唐揚げでした。
見た目的にちょっとお箸が進まず‥夫に食べてもらいました。

時々うなぎ屋さんで出てくる、うなぎの骨を素揚げにしたものと同じような食感で、けっこう美味しかったようです。

お料理はどんどん運ばれてきます。

新鮮なお刺身。

旅館あけぼの

そしてこちらも佐賀名物のくちぞこ。
煮付けにしてありました。

旅館あけぼの

靴の底に似ていることから「くつぞこ」が訛って「くちぞこ」と呼ばれるようになったそう。

見た目がもう本当に靴底ですね。名前だけ聞くと何とも美味しくなさそうですが、見た目を除けばいたって普通のお魚の煮付けでした。

ローストビーフ。

旅館あけぼの

鴨鍋。

旅館あけぼの

鴨鍋と一緒にご飯もいただきました。

食後のフルーツ。

旅館あけぼの

佐賀は焼き物が有名なので、器も綺麗でお料理と一緒に楽しむことができました。

ピヨ夫
ピヨ夫
ボリュームのある夕食で大満足!

実はこのお食事の時、飲み物を聞かれたのでビールと烏龍茶をそれぞれ1杯ずつ注文しました。きっとお金がかかるんだろうな‥と思ってはいたのですが、帰りに飲み物代として1,030円お支払いすることになりました。

こういう場所なので仕方がないと思いますが、思っていたより高かったので驚きました。メニュー表でも置いてあれば良かったなと思います。

せっかく無料で楽しめると思っていたので、これだけが少し尾を引いてしまいました。

お食事:朝食

朝食も楽しみにしていました。

夕食の場所とはまた違う、朝食会場でいただきます。

旅館あけぼの

ザ・理想の朝食!という感じの素敵な朝食でした。こんな朝食を食べた日は幸せな気分になります。

夕食も朝食もボリュームたっぷりで、大満足でした。

スポンサーリンク

お土産

帰りにお土産として佐賀の海苔をいただきました。

佐賀海苔

佐賀は海苔も有名です。
無料で宿泊させていただいた上にお土産までいただき、とても嬉しかったです。

旅館あけぼの 宿泊記まとめ

今回は当選した豪華一泊二食付きペア宿泊券を使って、旅館あけぼのに宿泊させていただきました。

歴史ある老舗の旅館なので、どうしても建物やお部屋にそれなりの古さは感じてしまいますが、それがまた新しいビジネスホテルとは違った「旅館」というものの良さだと思いました。

お料理は佐賀の珍しい名物を食べることができるので、観光客の方や外国の方には楽しめるのではないかと思います。

ゆっくりとした宿泊を楽しみたい方にはおすすめの旅館です。

そして懸賞生活で初めて当選した宿泊券。素敵な賞品に当選させていただき、無料でとても楽しくゆっくりと過ごすことができました。

また宿泊券を当てることができるように頑張ろう!と改めて思った日でした。

施設名 旅館あけぼの
住所 佐賀県佐賀市中の小路3-10
電話番号 0952-24-8181
チェックイン 16:00~
チェックアウト ~11:00
駐車場 有り(50台収容・大型バス可)

スポンサーリンク